株式会社設立を最短1日、しかも格安で支援します!

HOME会社印の種類

会社印の種類

代表者印

代表者印とは会社の実印のことで、各種の登記申請書、官公庁への届出、重要な契約などの際に押印を求められることがあります。会社設立登記の際に登記所(法務局)に届け出て印鑑証明を受ける必要があります。

銀行印

銀行印とは会社が銀行に届け出た印鑑のことです。法人の動産を守る大切な印鑑で銀行取引きなどに用い、預金の出入・振替・小切手・手形など実印に準じて動産関係に使用します。円周には会社名を入れ、真ん中には『代表取締役』『銀行之印』『経理之印』などの文字を入れます。企業のお金を動かす印鑑ですから、保管には厳重な注意が必要です。

角印

角印は登録されているわけではないので、法的効力はありません。会社設立後の領収書・請求書・見積書等の日常的な業務で発生する社外文書や稟議書などの社内文書に使用します。

割印

書類の関連性を証明するため、ひとつの印を2枚の文書にまたがらせて押す印鑑のこと。2枚の書類にまたがって押印するので、楕円形に作成します。

無料会員登録はこちら

▲このページのトップへ

まずは無料会員登録